サブリースの注意点

Pocket

サブリースというのは、

アパートなどの不動産の賃貸経営で使われる言葉で、

「不動産業者による一括借り上げ」

とか

「空室保証」

のことととらえることもできますが、

厳密に言うと不動産会社が入居者に又貸しすること、

つまり、転貸借です。

サブリースを組めば、

不動産会社が借り上げた物件を又貸しすることにより、

不動産オーナーに定期的な収益を確約してくれますが、

金額に関しては普通の賃貸料の80%、

よくて90%であるケースが多いです。

「一括借り上げ」でトラブルが起きてしまうのは、

「一括借り上げ」という形態が事業者と

事業者が交わした契約であることから、

家主は弱者である消費者とは見なされないということと、

宅地建物取引業法の売買契約には相当しないので、

重要事項説明がされないからです。

先が見通せないと言われてから、

そこそこ時間が経ちましたが、

昨今新たに話題になってきているのか、

方々で不動産投資セミナーの開催が増えてきているようです。

投資の一つとしてマンション投資が人気なのは、

証券取引みたいに朝から晩まで相場で

気を揉むなんてとんでもないという考えからでしょうか。

ところがどっこい、

最近はとてもじゃないが買えない状況が続いています。

東南アジアなどの海外不動産投資に関して、

注意を要するだろうと思われるのは、為替の変動リスクです。

いくら賃料を払ってもらったとしても、

円高に振れたら、

その投資というのは損失という計算になることもあります。

不動産投資の魅力を一つあげるとすれば、

はっきり言って非常に安全な投資であろうということだと思います。

一言で不動産投資を表すと、

家賃で収益をあげるというとても簡単なものです。

首都圏中心ではありますが、

不動産投資セミナーは大変盛況です。

おしなべてマンションなどへの投資で、

賃料を稼ぐ不動産投資は危なげがなく、

若者のフィーリングにも相通じると思われます。

賃貸料目当ての賃貸経営というものの中に、

アパート経営やらワンルームのマンション経営がある

というのはご存知の通りですが、この経営を考えた場合に、

神経を使わなければならないものをあげるなら、

空室対策があります。

成功者の多い不動産投資ですが、、

うまくいかないことがあります。

その理由はと言うと、いろんな物件を見て回ることなく、

慌ただしく結論を出して購入してしまうからだと思います。

不動産投資の資料請求自体はお勧めできますが、

表示されている利回りの数字をそのまま受け取ったら良くないですね。

大抵の利回りが、家賃の値下げ交渉をされるかも知れないこと、

などには目をつぶっていると考えていいからです。

アパート経営の秀でている点は、マンション投資特有の

「エリア特性に大きく影響されることが滅多にない」

ということだと思われます。

マンションそのものがそれほど多くないエリア内であっても、

その地に建てられている物件に投資してOKなのです。

不動産の賃貸経営だったら、

物件の見定めさえしっかりできれば、

長期にわたって利益をあげることも不可能ではありません。

ですので、すこぶる低リスクの投資ですよね。

注目を集めているマンション投資は、

建物が80年と長く使用できることなども優れているわけですが、

購入したいと思う物件に出くわした時は、

何よりも先に修繕費用として蓄える、

修繕積立金に不自然さはないかを把握することをお勧めします。

資産を活用しようと収益物件を購入するつもりでいる時に、

ラッキーなことに、

入居者がいる物件が目に飛び込んでくることもあるでしょう。

これはオーナーチェンジ物件と呼ばれ、

取得後即座に家賃による収益があげられるのです。