一括借り上げのサブリース

Pocket

竜太です。

一括借り上げにおいて短所と言えるのは、

2年に1回の契約更新のタイミングで、

賃料を安くされる可能性が高いことと、

長く契約を更新していこうと思うのであれば、

費用がかかるのをいとわず、

メンテナンス工事をしてもらう必要があるということでしょう。

成功するマンション経営の大事な要素は、

外部的には生活の利便性などが良いこと、

内的には目的に合ったプランがラインナップされていること、

ではないでしょうか?

内的・外的の条件が整っていれば、

入居者がいないというリスクはあまり考えなくて済むでしょう。

一括借り上げを勧める不動産会社などは、

「安心の一括借り上げシステム」などと広告を打っています。

ですが、契約するのであれば、

隅々まで契約する内容を見極めるようにしましょう。

一括借り上げ関連でトラブルが生じるのは、

一括借り上げというシステムが、

形式的には事業者同士の交わした契約と見なされ、

貸主であるオーナーは消費者として守られないということと、

宅建法で定められた売買契約とは違うので、

重要事項説明をする必要がないことが原因です。

一括借り上げをうたうサブリースは、

大家と業者の間で契約を交わして実施される一種の転貸借なわけで、

標準的なアパート経営と同一視はできません。

一括借り上げのサブリースは、

アパート経営が初めての人であっても、

不安が小さい不動産投資かも知れませんが、

自分に合う投資法と言えるか、よく考えてみてください。

サブリースという用語は、

アパートあるいはマンションの賃貸経営に関連する

「不動産会社による一括借り上げ」であるとか、

「空室保証」のことではありますが、

本来は不動産会社による又貸し、つまり転貸借のことなのです。

一括借り上げシステムを利用する際には、

これらの点に注意をした上で利用しましょう。