不動産投資セミナー

竜太です。

不動産投資がスムーズに進展し始めれば、

大抵の業務は管理会社がやってくれるので、

真の意味で不労所得にすることができます。

こういったことも、不動産投資が投資家を夢中にさせる魅力なのでしょう。

手持ちの資金を運用しようと収益物件を買うという考えで見ていると、

現在進行形でだれかが居住している物件にでくわすかも知れません。

これをオーナーチェンジ物件と言い、

物件取得時から賃貸料がもらえるわけです。

不動産投資を始めるにあたって、

ほぼすべての人が差し当たり最初にするのが資料請求というものです。

会社側にしたって、

決してすぐに買ってくれそうだなどと考えるわけではないので、

積極的に頼むのが得策です。

マンション投資に関しましては、

購入資金が少なくてすむ中古物件に人気が集まっていますが、

いつごろの建物かについてはきちんと把握しなければなりません。

木造や軽量鉄骨に比べがっちりしているRCでも、

60年からせいぜい80年ぐらいで寿命になってしまうので、

それまでにどれぐらい収益があげられるのかは築年数によって違うはずです。

関心が集まっている不動産投資セミナーなのですけど、

原則としては何の問題もないはずです。

そうは言いながらも、高い値をつけたノウハウのようなものを

売ろうとするような場合もあるということですから、

素人さんは事前によく確認しましょう。

賃貸料目当ての賃貸経営として、

アパート経営及びワンルームマンション経営がありますけど、

これらの経営者として注意を向けなければいけないこととして、

空室対策があります。

不動産投資が選ばれる理由を1個あげるとすると、

正直言ってきわめて安定した投資となるということになりそうです。

不動産投資というのは、

効率よく家賃を回収するという大変簡単な仕組みのものなのです。

マンション等を貸す不動産投資の場合、

その物件で稼げるかどうかを判別する為に利回りをチェックするものですが、

利回りを算定する方法としてはいくつかパターンがあり、

若干分かりにくいものも存在しているわけです。

アパート経営は、

悪くても月毎に複数の入居者からの家賃収入が得られるので、

投資をするにしても、マンションより収益率は高いと考えていいでしょう。

不動産投資と言うと難しそうですが、

いろいろある投資スタイルを引き合いに出してみても、

きわめて取り組みがいがあることに気付くと思います。

成功率の高い投資という噂が広がり、

年若い人にも不動産投資に挑む人がかなりの数いるのでしょう。

これから投資を考えている人にとってありがたい不動産投資セミナーは、

マンションを購入する際の融資であるとか

アパート経営のノウハウなどに的を絞っており、セミナーの題材が、

どれも興味をそそるものばかりであるということが奏功し大好評です。

海外不動産投資をするという時に、

何を差し置いても注意を要すると指摘されるのは、

だいたいの海外不動産投資が

「値上がりした物件の売却しか考えていない投資だ」

ということだと思われます。

マンション経営が適切なものかどうかを見るために、

投資額に対するリターンを数値化した利回りを用いることがありますが、

地方都市と東京都内のマンションを

利回りが良いか悪いかだけで比べることはあまり意味がありません。

人口増加を望めない地方においては、

入居者が決まらない可能性が高いので、

着実なマンション経営は不可能だと言えます。

業務の大半を管理専門の不動産会社が代行してくれるので、

不動産投資初心者のオーナーが実施すべきは、

常日頃から金融機関から融資してもらえるように、

無意味な借金を負うようなことはせず、

本業にまい進することだと言えます。

賃貸経営というものは、物件の選び方さえ間違うことがなければ、

かなり長く収入を確保することができると思われます。

そういうことですので、一番堅実な投資だと言えるでしょう。

不動産投資のメリットと注意点

竜太です。

昨今は「投資」に対する熱は高まってきています。

中々給料も上がらない昨今、投資で財を築いている人も多いと言います。

中でも不動産投資には様々なメリットがあります。

先ずは「元手が小さいこと」です。

マンションやアパートは現金で買う事は難しくとも、

ローンで不動産を購入することも可能です。

そのローンよりも不動産の利益が大きくなれば問題はありません。

ある程度の頭金があれば、不動産投資を始めることは難しくないでしょう。

最大の魅力は「働かなくても収入」がある、という事です。

いわゆる不労収入というやつですね。

日々の労働から解放されるのはサラリーマンの夢でもあります。

全ての不動産を管理するのが難しい方は、管理会社にお任せすればよいのです。

ただ、ここで注意すべき点があります。

その「管理会社」です。

管理会社を良く選ばないとトラブルの元です。

住民のクレームに全く対処しなかったり、

掃除などを行わなかったりほったらかしにする管理会社もあります。

また、管理はしっかりしていても、

営業力が不足していて、空き室がさっぱり埋まらない、

ということもあります。

管理会社の質を見抜くのは難しいですが、

日ごろから不動産投資のネットワークを持つことをお勧めします。

ネット上ではそのような方たちのコミュニティがあり、盛んに情報交換を行っています。

投資には正確な情報が不可欠です。常に集めておくことにしましょう。

金利と不動産価格


竜太です。


東京で某外資系IT企業に勤務しつつ、

不動産投資家として活動しています。


昨今の不動産価格の上昇、ちょっと異常ですね。。


東京都心の物件なんて5-6%程度だし、

地方物件の利回りも7-8%という状態。


金利は相変わらずのマイナス金利で、

各金融機関では低金利での融資が継続しているようですが、

今年に入って融資が明らかに厳しくなってきており、

これもいつまで続くかわからない状況です。


そして、来年3月は黒田日銀総裁の任期が満期を迎えます。

現行政策からの大幅な変更も予想され、

色々と潮目が変わる転換期となり得る可能性もあります。


不動産投資をやっている方々は、先々の金利上昇を見据えた上で、

しっかりとリスクシミュレーションをしておかないと、

近い将来、痛い目を見ることになるかもしれません。


特に、昨今の不動産投資ブームに乗せられて、

業者に言われるがままに物件を買ってしまったサラリーマンの方々。


私の会社にも不動産投資をやっていると自慢気(!)に話す、

ちょっとキザな感じの同僚が何名かいるのですが、

よくよく話を聞いてみると、、

埼玉で5%の利回りの新築木造アパートとか、

地方で7%の中古RC(築25年)とか、

もう、、、

ほんとに大丈夫??

って感じです。。


金利と不動産価格には密接な関係性があります。

金利が低いと不動産需要が高まるため不動産価格は上がり、

金利が高いと不動産需要が低くなるため不動産価格は安くなります。


自分の投資スタイルをしっかり確立して、

最低限の市場調査と将来的なリスクシミュレーションは必要です。


行動も大事ですけど、やっぱり勉強も大事ですよね。